おいしい焼き芋の作り方TOP > さつまいもについて > 焼き芋にてきしたおいも

焼き芋がおいしいさつまいも

 

焼き芋でおいしいさつまいも


さつまいもは秋から春夏と長い期間収穫できます。
そのなかでも秋に収穫されてから少しずつ水分が抜けてくるとだんだんと糖分がのこって甘みが強くなりはじめます。
秋から冬にはほくほくとした食感の焼き芋が、春くらいになってくるとしっとりと感じるのはさつまいも自体の味が変わってきているからです。

さつまいものの種類


調理の方法や時間、保存の状態などで味は変わってきますが、さつまいもの種類はたくさんありその味も違ってきます。
戦前から昭和60年代の期間は農林1号やコガネセンガンなどが多く販売されていました。

高系14号は程よい甘さで「紅さつま」と鹿児島では呼ばれています。
紅あずまは紅赤とともに関東地方で人気があります。焼き芋やスイートポテトなどに使われます。
鹿児島ですとさつま金時として栽培されています。
徳島県の鳴門金時は高系14号の品種を改良したもので、糖度が高く赤みの濃いミネラルをたっぷりと含んださつまいもです。

種類は色々とありますが、どれも焼き芋にするとおいしいさつまいもばかりです。いろいろな品種で食べ比べてみるのもよいのではないでしょうか?

 

さつまいもについて記事一覧

焼き芋に適したおいも

焼き芋でおいしいさつまいもさつまいもは秋から春夏と長い期間収穫できます。そのなかでも秋に収穫されてから少しずつ水分が抜けてくるとだんだんと糖分がのこって甘みが強くなりはじめ...